30代でデリケートゾーンの臭いの悩みに直面したら

30歳を過ぎると、女性の体は変わってきます。お酒に弱くなった、肌質が変わったなど、今までの調子が狂い始めてきた女性も多いでしょう。

その中でも、デリケートゾーンの悩みが増える人もいます。今回は30歳を過ぎての「デリケートゾーンのニオイ」の変化についてお伝えします。

 

■女性ホルモンが活性化するのは30歳を過ぎてから
女性ホルモンが活性化する30代で、女性の体は徐々に変化してきます。デリケートゾーンのニオイも変わってくる人も多く、これはホルモンの活性化によって、女性特有の体の器官の代謝も活性化するためです。

デリケートゾーンのニオイが変化するのを確証づける報告に、おりものが一番多く出るのも30代であるという報告があります。

◇ニオイを軽減するには?
やはりデリケートゾーンは清潔にしておくのが一番です。シャワーの際には毎回洗浄する習慣をきちんとつけておきましょう。

特にジメジメした梅雨の時季や、夏は汗をかきやすく、デリケートゾーンも蒸れてしまい、ニオイが強くなりますので、清潔を意識しておきましょう。

常に清潔にしておくというのは基本中の基本ですので、どのような対策も清潔は前提に行うということを心がけてくださいね。

 

◇おりものシートや生理用品の原料、デリケートゾーンの洗い方
清潔にするのは大前提ということをお伝えしましたが、その洗い方や、清潔に保つためのおりものシートにも注意です。

おりものシートは、可能な限り化学繊維のものではないものを使用しましょう。特に夏の暑い間や梅雨時の汗をかいて蒸れやすい時期は要注意です。

洗い方については、実は殺菌効果が特に優れた洗浄剤で洗うのは、よくありません。常在菌が膣の中にはありますが、高すぎる殺菌力がそのバランスを崩してしまうのです。

洗う時は、やさしく洗うようにしましょう。強い力での洗浄が肌にダメージを与えることにより、軽くなるどころか逆に強いニオイを発するようになってしまうことがあります。

頭に置いておきたいのは、デリケートゾーンはとても刺激を受けやすい部分ということ。洗浄剤は低刺激のもので、弱い力でやさしく洗うことが大切です。