性病のサインかもしれないデリケートゾーンのニオイ

性病を患っている時はデリケートゾーンから強いニオイを発する場合があります。菌や汗というような通常のニオイがきつくなる原因とは違う可能性があるため、心配になるほどのニオイを感じる人は要注意です。

■まずはセルフチェックを
強いニオイが気になったらどうするべきでしょうか。もちろん一番いいのは、婦人科で診てもらうことですが、ニオイが心配になる度に病院に通っていては埒があかないですね。蒸れやすいデリケートゾーンは、ニオイが気になりやすい部分であることは間違いないからです。

しかも頻繁に婦人科で診てもらうことにも抵抗があるという人もいると思いますので、病院へ行く前に一度してほしいのはセルフチェックです。

◇セルフチェックのための専用グッズ
実は、セルフチェックを行う人に用意された専用のグッズがあり、検査の依頼先にもよりますが、大体7千円から1万円で性病検査を行うことができます。婦人科で診てもらうよりは少し高いなといった金額がかかることにはなります。

しかし病院へ行く時間がない、抵抗がある、といった人には便利な方法でしょう。チェックするための方法は、膣の分泌液を、グッズの一部である試験管へ。そしてその試験管を検査依頼先に送るだけといういたってシンプルな方法で、自分が希望した手段(メール、電話、手紙)で約1週間のうちに検査結果を受け取ることができます。

◇性病の種類
上記の方法でわかる性病は、カンジダ膣炎、クラミジア、トリコモナス、淋病などです。そして性病の中でも患者が多いのがこれらの病気です。

参考元:デリケートゾーン 臭い

■病気だとわかったらどうするべきか
性病だということになれば、直ちに病院で診てもらいましょう。そのままにしておいて治る病気ではなく、悪化の一途をたどるだけなので、抵抗のある気持ちは捨ててください。ニオイのほかにも、性病を患った時には体はサインを発します。

強い痛み、かゆみを感じたり、生理でもないのに血が出たりします。またおりものにも注目してください。いつもより粘っている、色がおかしいというような場合は性病を疑いましょう。